openmatomeview

フォト俳句(392)『風の音と触れ合える肌寒露かな』
秋分を過ぎると夜露がひんやりとはだに沁みるようです。シュウメイギクは貴船地方に多くみられることから貴船菊とも呼ばれています。秋に開花して花がキクに似ているからと言われています。
Updated Date : 2018-10-11 11:22:23
Author ✎ さくらがい
この記事をシェアしてください。 ☺


三鈷寺の庭
34.94120864688023
135.64370716818348
0
0
0
15
34.94120864688023,135.64370716818348,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

フォト俳句(373 )『ゆくゆくはリンゴどっさり植樹かな』
フォト俳句(376)『公達のごとき御苑のトンボ池』
フォト俳句(298)『彼岸花かこむ浄土と対峙する』
フォト俳句(385)『猿石に根づきしカエデすくすくと』
フォト俳句(372)「七夕や止雨に白馬貴船詣」