openmatomeview

フォト俳句(357)『法然の像に一輪百合の花』
「立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花」これは美しい女性の容姿や立ち居振る舞いを花にたとえた言葉。どこから見てもこの表現にピッタリの舞妓ふく乃さん。かみさびたお寺に急に花が咲いたような明るい雰囲気を醸しています。法然上人もきっとご満足のことでしょう。
Updated Date : 2018-05-07 12:39:50
Author ✎ さくらがい
この記事をシェアしてください。 ☺

Maiko_20180305_11_23
【Maiko, March 05, 2018】 Maiko is Fukuno. Shooting location is Hyakumanben Chionji Tample. Photo by gaap. 【舞妓, 2018-03-05】 舞妓はふく乃さんです。 撮影場所は百萬遍知恩寺。 Photo by gaap.
「フォト俳句賞」 「法然の像に一輪百合の花」  by さくらがい ふく乃さんの肌の綺麗さを 感じてもらうため、少し絞って撮影 相変わらずの赤ちゃん肌です
京都の舞妓『ふく乃さん』写真集~2018年03月05日 - OpenMatome
2018年03月05日に「百萬遍知恩寺」で『舞妓さん撮影会』を開催しました。参加の皆さんからオープンデータとしてご提供いただいた作品の写真集です。ふく乃さん自身も写真をチェックされ公開の同意をいただいています。ふく乃さんが選ぶ「ふく乃賞」が決定しました。
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

フォト俳句(312)『風花やからげ姿に弾む声』
フォト俳句(311)『雨あがり白粉花と三味の音』
フォト俳句(326)『冬の宵行灯ぽっと艶姿』
フォト俳句(328)『襟替えを待つかんざしの宝船』
フォト俳句(348)『ハープ弾く舞妓がひとり遅日かな』